炭水化物や糖質よりも

バスタオル姿の女性

ゼニカルは世界的に有名なダイエット薬で、その作用は脂質の吸収を妨げるというものです。
脂質は揚げ物やお肉、スナック菓子など、ダイエットの大敵になり得るものにたくさん含まれています。ダイエットの際は脂質を抑えるのが基本なのですが、肥満の方にとって脂質の多い食べ物は大好物なので、どうしてもやめることができません。結局我慢しきれずにダイエットに失敗してしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。
ゼニカルは腸内のリパーゼという酵素に働きかけ、脂質が吸収されないようにしてくれますので、揚げ物やスナック菓子を食べても、脂質が体に取り入れられることはありません。すなわち、たくさん食べても太りにくくなるのです。
ダイエット失敗の原因は、食べることを我慢できなくなったからですが、ゼニカルの場合は脂質の吸収が少なくなるので、食べるのを我慢しなくても痩せれるようになるのです。使用方法も薬を服用するだけで非常に楽なので、我慢も努力もなしで痩せることができるという最高のダイエット方法なのだといえます。
ダイエットについて調べてみると、炭水化物を抑えるダイエット方法や、糖質オフなどの言葉をよく目にしますが、実は炭水化物よりも、糖質よりも気を付けるべきは脂質です。
炭水化物と糖質は1gあたりに4キロカロリーに対し、脂質は1gで9キロカロリーのエネルギーを含んでいます。この数字だけで見ても脂質が最も太りやすくなるのは明白なので、脂質を抑えるゼニカルは合理的なダイエット方法だといえます。
脂質のない食事はあまりにも味気ないので、どうしてもダイエットが長続きはしません。だからこそ、好きなものを食べながらもゼニカルによって脂質を抑制するのがオススメなのです。

より効果的に痩せるには

バームクーヘンを食べている女性

ゼニカルは脂質を30%程度カットしてくれる薬なので、脂質の吸収が完全に0になるわけではありません。この事から、食事の内容や体格によってゼニカルのダイエット効果は変わってくるということになります。
ゼニカルで効率のいいダイエットをしたいと考えている方は、ゼニカルを飲みながらもカロリーについて計算していくのが良いでしょう。
人間の体は生命の維持や運動の際にカロリーを消費します。そしてカロリーを補うために食事を行うのですが、消費したカロリー以上に食事をとってしまうと、その分脂肪として蓄えられます。これが太る原因なので、ゼニカルによって脂質を抑えるのは非常に効果的なダイエット方法です。
ただ、ゼニカルは摂取カロリーが減るだけで、0にはなりません。すなわち、ゼニカルの恩恵を受けてもカロリー摂取量が多い場合は、緩やかに体重が上がっていきます。ゆえに、ゼニカルを利用しながらも、できるだけカロリー摂取を減らした方が痩せやすいといえるのです。

ゼニカルでのダイエットを考えている方は、食事を我慢したくないからゼニカルを使うという方がほとんどです。そんな方がゼニカルで効率よくダイエットがしたい場合は、基礎代謝を高めましょう。
基礎代謝というのは、人間が生命を維持するだけでも消費するカロリーです。これは寝ているだけでも減っていきますので、基礎代謝が高くなればそれだけ痩せやすくなるということになります。
基礎代謝を高めてカロリー消費量を増やし、ゼニカルでカロリー摂取量を減らすことで、食事制限なしでも緩やかに痩せていく体を作ることができるのです。
基礎代謝を高めるためには、筋力をつけるトレーニングが効果的です。特にインナーマッスルを鍛えるものは効果が絶大なので、ゼニカルを服用無理しない範囲で筋トレも取り入れていきましょう。

ビタミンサプリを併用する

黄色の薬

ゼニカルは体が蓄える余分な脂質を排出しますので、体にとっていい影響しかないと思われがちですが、必ずしもそうではありません。ゼニカルを服用することによって体に生じる悪影響についてもしっかり知っておきましょう。
とは言っても、ゼニカルには副作用がほとんどありません。注意すべきは副作用ではなく、脂質が排出されることによって生じるビタミン不足についてです。

脂質には脂溶性ビタミンと呼ばれるものが大量に含まれています。脂溶性ビタミンとはその名の通り脂質に溶けているので、脂質を排出していしまうと脂溶性ビタミンが著しく不足してしまいます。
脂溶性ビタミンには人間にとって重要なものがたくさん含まれており、特にビタミンDはカルシウムに関わるものなので、骨がもろくなったり、イライラしやすくなってしまったりします。
他にも、ビタミン不足による肌荒れなどのトラブルに見舞われることもありますので、ゼニカルを服用する際はかならずビタミン不足にも対策を立てておきましょう。
ビタミン不足を補うために脂質を増やすのは本末転倒なので、オススメはビタミンのサプリメントを摂取することです。ゼニカルによって吸収が阻害されるのはビタミンA、D、E、Kなど多岐にわたりますので、マルチビタミンサプリなどのまとめて摂取できるタイプのモノを利用するのがオススメです。
ゼニカルを扱う通販では、マルチビタミンサプリをセットで販売しているところもあるほどなので、ゼニカルとマルチビタミンサプリは併用が必須だといえます。
マルチビタミンサプリさえ併用すれば、ゼニカルによって健康に害が出ることはないので、かならずマルチビタミンを服用しましょう。

肥満治療薬として

葉っぱの上の薬

日本ではあまり知名度のないゼニカルですが、海外では肥満治療薬として医療の現場でも使われています。海外では日本よりも肥満人口の多い「肥満大国」がたくさんありますので、ゼニカルは絶対に手放せない薬になっているようです。
そんなゼニカルが日本で知名度が低いのは、薬事法によって市販が禁止されているということが原因です。日本でゼニカルを使おうと思った場合は、専門の医療機関にて医者から処方してもらう必要があります。
肥満ということが原因で病院に行きづらいという方は非常に多いので、ゼニカルは知名度が低く、利用している人はほとんどいません。

そんな日本でゼニカルを利用したい場合は、個人輸入で海外から購入するしかありません。海外の市販薬を個人輸入することは薬事法で認められている権利になりますので、海外からゼニカルを輸入して利用しましょう。
先ほどから紹介している通り、ゼニカルには危険な副作用などはありませんので、ビタミン不足と油漏れにさえ気を付ければ安全に使えます。
個人輸入の方法に関しても、代行通販を利用すれば普通の通販と全く同じ感覚で薬の購入ができますので、いつでも気軽に購入ができます。日本には海外の薬を輸入して使うという習慣がないので、どうしても不安を感じてしまう方が多いのですが、個人輸入なら病院に行く手間がかからず、金額も病院より安めで購入できますので、個人輸入の方が圧倒的にメリットが多いといえます。
肥満で悩むくらいなら、ゼニカルを個人輸入することで無理なく健康な体を手に入れましょう。