ビタミンサプリを併用する

黄色の薬

ゼニカルは体が蓄える余分な脂質を排出しますので、体にとっていい影響しかないと思われがちですが、必ずしもそうではありません。ゼニカルを服用することによって体に生じる悪影響についてもしっかり知っておきましょう。
とは言っても、ゼニカルには副作用がほとんどありません。注意すべきは副作用ではなく、脂質が排出されることによって生じるビタミン不足についてです。

脂質には脂溶性ビタミンと呼ばれるものが大量に含まれています。脂溶性ビタミンとはその名の通り脂質に溶けているので、脂質を排出していしまうと脂溶性ビタミンが著しく不足してしまいます。
脂溶性ビタミンには人間にとって重要なものがたくさん含まれており、特にビタミンDはカルシウムに関わるものなので、骨がもろくなったり、イライラしやすくなってしまったりします。
他にも、ビタミン不足による肌荒れなどのトラブルに見舞われることもありますので、ゼニカルを服用する際はかならずビタミン不足にも対策を立てておきましょう。
ビタミン不足を補うために脂質を増やすのは本末転倒なので、オススメはビタミンのサプリメントを摂取することです。ゼニカルによって吸収が阻害されるのはビタミンA、D、E、Kなど多岐にわたりますので、マルチビタミンサプリなどのまとめて摂取できるタイプのモノを利用するのがオススメです。
ゼニカルを扱う通販では、マルチビタミンサプリをセットで販売しているところもあるほどなので、ゼニカルとマルチビタミンサプリは併用が必須だといえます。
マルチビタミンサプリさえ併用すれば、ゼニカルによって健康に害が出ることはないので、かならずマルチビタミンを服用しましょう。